amazon転売

FBA倉庫輸送時に荷物が破損!ヤマト便の保険は不必要と判断した理由

amazonのFBAパートナーキャリアがほぼ終了してから、早何ヶ月か経ちましたね・・

それ以来、納品はめっきりヤマト運輸さんのヤマト便にお世話になっておりますが

ついに、先日!!荷物が破損する事故が起きてしまいました!!!!

事の発端はamazonさんからの以下のような文章で始まるメールが来たことでした

いつもお世話になっております。
下記商品につきまして、商品受領前の段階で液漏が見受けられました。

通常、このような場合には販売不可在庫として入庫させて頂いておりますが、今回は破損の状態が激しく、
入庫および返送処理の際に他の商品に影響を及ぼす可能性が非常に高いため、大変恐縮ではございますが、廃棄処理とさせていただきたく存じます。
 ※廃棄費用については弊社にて負担させて頂きます。

結構、利益が発生する商品だったし仕入れるのも結構手間だった商品の為、めちゃショックでした・・

ですが、、

ピカーーーーン!!!

Yui
Yui
そうだ!うちヤマト便で「保険」かけてるんだ!

Yui
Yui
これなら保険降りるだろうから、せめてお金はかえってくるっ!!!

・・・って思って、希望の光が見えました

ところが、、

いろいろ手続きなどが終了し、事が片付いたころには・・

Yui
Yui
ヤマト便の保険は結局入らなくてもいいな

という結論になりました。

どうして私は「ヤマト便でFBA倉庫に荷物を送るときは保険に入る必要はない」という結論にいたったのか、そのお話を今日はしていきたいと思います。

ヤマト便の保険(運送保険)ってなに??

出品者
出品者
そもそもヤマト便の保険ってなに?

Yui
Yui
もしかしたら知らない人もいるかもしれないですね

そもそも、依頼した荷物の運搬の際に、依頼した荷物が万が一運送会社のミスによって破損したり、水濡れして使いものにならなくなったり・・等してしまった場合、

そんな時、荷物を送った私たちは泣き寝入りしなければならないのでしょうか?

ヒューマンエラーはどこにでもある、仕方がないサ

といってその荷物をあきらめるのか?

というと、そうではありません。

もし、運送会社のミスによって、そういった事故が起こった場合に運送会社に損害賠償を請求する事ができるようになってます。

その限度額が30万円までという事になってます。

私は佐川急便さんにお世話になった事がないのでよくは知らなかったのですが、

佐川急便の場合は「保険に入る?入らない?」のチェックボックス欄がこんな感じである為、

参照元:佐川急便HP

lady and gentleman
lady and gentleman
ちょっと送るやつ高級なヤツだし、不安だなぁ~

と思ったら「保険」のチェックボックスにチェックを入れて、任意で保険に入る事ができます。

逆に、ヤマト運輸の「宅急便」の場合は保険に加入する事ができないので、伝票に30万円以下のお品でないとおくれませんことよ!という事が記載されてます。

(見えにくくてすみません・・右下赤枠のところです)

参照元:ヤマト運輸HP

 

lady and gentleman
lady and gentleman
じゃあ!あたくしの80万円もするこのシャネルちゃんのバッグを送りたい時はどうしたらいいのよ!

Yui
Yui
そんな時ヤマト便を使って発送しましょう。

ヤマト便は1万円=10円から保険をかけれるので、80万円のシャネルちゃんのバッグを送りたい時は800円の保険加入代金+運送料を支払って発送するわけです。

lady and gentleman
lady and gentleman
んじゃあ、もしヤマト便で「保険」に入らず荷物を発送して、運悪く運送会社のミスによって荷物が破損になった場合はどうなるの?!

ホームページには以下の様に記載がありました。

輸送中に弊社の過失により破損など損害を与えた場合は、運送約款に基づいて賠償をいたします。但し、事故の内容によって運送約款の補償外となる場合がございますので、壊れやすいものや特に高価なものについては任意加入の運送保険をおすすめしております。保険金額を限度に損害保険会社が補償いたします。

引用元:ヤマト運輸の「ヤマト便」のページ

とのことなので、ヤマト運輸のミスにより依頼した商品に破損が起これば補償はされるようです。

ただ、噂によると、任意の運送保険に入ってる場合と入ってない場合、どちらが補償される確率が高いか?というと
やっぱり運送保険に入ってる場合の方のようです。(まぁそりゃそうですよね・・余分にお金払ってるんだもん)z

まぁ、うちも含むせどらーさんでヤマト運輸さんのヤマト便を利用されてる方は「保険がかけれる事が魅力的だから」という理由ではなく「輸送コストが安く済む!」という理由で利用してると思いますので、今までそんな輸送保険の事なんて気にした事もないと思います。

うちも最初は

Yui
Yui
保険?ナニソレ?

状態だったんで、荷物をFBA倉庫に送る際には保険をかけてなかったのですが、

やはり輸送中の破損事故って多いってよ!という噂を色々なせどらーさんから聞き、

Yui
Yui
念のため入っておくかぁ

という感じで、都度保険金を支払っていました。

こんな感じですね。

そんな中今回、荷物が破損する!という事故が発生!!!!

amazonのご報告メールから「輸送中に起きたもの」なので、補償金を請求できると思い早速ヤマト運輸に連絡をしました。

2.ヤマト便の保険金が下りる仕組み

出品者
出品者
輸送保険に入っていれば、ヤマト運輸のミスで破損事故が起こった時、補償金が払われるんだぁ~

Yui
Yui
・・・それが、そうは問屋が卸さないんですよね~

まず、ヤマト運輸さんの主張はザックリ2点ありまして

  1. amazonが受領してしまってる以上、輸送中におきた破損事故という事が立証できない
  2. 荷物を引き取れないと保険金は払えない

ヤマト運輸さん曰く、

輸送中のミスで破損事故が起きたなら、なぜamazonは受け取ったの?

amazonが受け取っている以上、実は倉庫スタッフがミスって落としたりして破損したのを、こっち(ヤマト運輸のせい)にしてるという疑惑が発生してしまうYO!

ってことらしいんです。

でも、そんな受け取る時にダンボールをあけずして

「あ!これ中身破損してるんでうちは受け取れへんで~!」

ってわかるわけない・・ですよね。

よっぽどダンボールに液漏れの痕跡があるとか、なんかめちゃめちゃ腐った臭いがするといった一目でわかる状態とかじゃないと・・

ダンボールをあけずしてわかる人ってのは透視能力かなんかがある人としか考えられません。

かといって、FBA倉庫に配送されてくる全てのダンボールを開けてチェックしてから受領するのか??

ってなるとちょっと考えにくいですよね・・(絶対配送されてくる荷物量は膨大でしょうし・・)

 

でも、確かにamazonのミスかもしれないじゃんっていう懸念材料があるのも確かなので、これは困りました(汗)

さらにヤマト運輸さんは

「破損した荷物を引き取れないとお金は払えないZE!」と痛恨の一撃をくりだしてきました。

というのは、「何も発生してない事柄に保険会社はお金を払えない」という事みたいなんです。

つまり、荷物の引き取りなしでお金を払うというのは、何も買ってないのにお金をただ払うような事になってしまう、という事と一緒らしく・・

例えその品物が破損していたとしても、「その破損物を購入した」という名目で補償金を払うという仕組みみたいなんです。

でもamazonさんからのメールは・・

なお、弊社倉庫では納品以外での運送会社の立ち入りを安全上禁止とさせておりますので、倉庫での直接の受け取り及び運送会社への引き渡しはできませんことをご了承ください。
また、作業工程上、損傷を発見したタイミングにより、輸送箱を既に処分している場合もございます。
恐れ入りますが、運送会社へお問い合わせが必要な際は、添付の画像をもって状況のご説明を頂けます様お願い致します。

という文章でメールが締めくくられており、、

つまりは、運送会社さんが破損したものを取りに行ったり、こっちで引き取ったりすることができないってことなんです・・(チーン)

ガーーーーーン・・これは困った・・orz

確かにヤマト運輸さんの主張もわかりますし、まぁなんやかんや言って保険会社の性格的にお金を払いたくないだろうしなぁ~と思ってたものの、一応ダメ元で真剣にヤマト運輸さんにamazonさんから言われている事を説明しました。

そして、、

「わかりました今回のみ補償金を払います。」

という事で決着がつき、そこから輸送保険の補償金を支払ってもらう手続きが始まりました。

ヤマト便の輸送保険の支払いの手続き~YUIの21日間戦争~

さて、輸送保険の保証金を支払ってもらうために必要な書類を提出する必要があったのですが、

これがまぁめんどくさい。。

色々な書類にプラスして、その時に発送をお願いした荷物全部の商品明細まで用意しなければなりませんでした。

どうやら、全体(送った分)のうちの破損分はどれくらいにあたるのかっていう事を書面として出さなければならないらしいのです。

そうすることで、うちが支払った保険金の金額に対して、どれだけが保障対象なのか?ということを把握する必要があるとの事でした。

出品者
出品者
ここに文字を入力してください

ん?どういうこと?[/chat]

自分でも書いててわけわからんくなった(汗)ので、たとえを出します

保険代金を200円支払っていたとすれば、20万円が全体の保障金額となります。

それで送った分の総商品の金額がきっちり20万円かそれ以下であれば、そのうち破損した商品分が1万円分なら1万円分保険が満額降りるというわけなのですが、 送った分が実は40万円だったよ~(でも保険代金は200円しか払ってなかった)という場合は、破損した商品分が1万円だったとしても5000円しか下りないということなんです。

なので、いくら分送ったの?その金額分保険かけてた?とかっていう確認がしたいって事なんですね。

その時ヤマト運輸さんに発送をお願いした荷物は全部で30箱くらいあったので、ぞの段ボールすべての内訳(何が入ってたか?)を調べ、

さらにそれら全商品の仕入れ額を調べ、計算し、合計いくら分を送ったのか?っていう書類を作成・・。

これは、まじでまいりました。

もちろん、amazonセラーでその時に送った荷物の全内訳をみることができるのできますし

エクセルで仕入れた商品を表にして作成してますが・・

とは言え、めっちゃ骨を折る作業でした・・。

しかも、その総商品の仕入れ金額を計算してみたらビックリ!!!

な、なんと50万弱・・・

でも保険をかけてたのは300円・・(つまり30万円分・・おいおいw)

Yui
Yui
超言い訳ですが、ヤマト便の保険のことを理解しておらんかったのです・・

Yui
Yui
全体の商品金額分に対してかけるとは知らず、破損がおきるだろう分に対してお金をかけると思ってて(恥)、さすがに30万円分壊すってことはないだろうけど、壊した時にお金が支払われるなら300円くらいなら毎回払えるしっていう感覚で300円はらってました。

のでもちろん、

「破損してしまった商品代金の60~70%くらいしか支払えないですね~」

と言われてしまいました。(ま、そりゃそーだ)

あとは蛇足ですが、電話でその営業所の所長さんと連絡をとってたんですね。

でも、うまくお互いの言ってることが伝わらず

持っていくたびに「あ~これはそういう意味じゃないんですよ~」って言われて

やり直す始末・・・

やり直すのは仕方がないです・・私もこういった事は始めてだったので本当よくわからなかったし・・

Yui
Yui
でも、途中でだんだん「前は○○って言ったよね?」ってなってきたのは事実ですw

まーこれが、イケメン所長なら良いですよ??

Yui
Yui
まぁいっかーイケメン所長に会えるし目の保養ってことで

なーーんて思うことができますからw

でも、現実は・・

まーーーしょーーーもないオッサンw

いや、良い人なんですよ??w(言い訳w)

でもまぁテンションがあがらないことは確かです(笑)

ただでさえ、何十分とかけて毎回その営業所までいちいち行くのですからね・・

まぁそんなこんなで、最終OKがでるまで三週間もかかりました。。

途中、

Yui
Yui
もうヤダ・・ 私なにやってるんだろう・・

と思えてきたけど、やりきった私!よく頑張った!(自分で自分を褒めるw)

YUIの結論:FBA倉庫に納品時に利用するヤマト便の保険は入らなくて良い

先ほども書いたように、ヤマト運輸の方からは

「破損した商品の60~70%くらい分しか支払えないですね~」

と言われてましたが、

結局お金は仕入額分全額戻ってきました。

たぶん、こういった事が私的にも、ヤマト運輸さん的にも(破損した商品が先方の都合で引き取れないという特殊なパターン)初めてだったから

「まぁ今回だけ、特別ね!」

という意味かなと判断してます。

まぁ結果的には「ハッピーエンド」かもしれないのですが、今回これをやってみて思ったのが

Yui
Yui
正直、割に合わね~~

ということです。

確かに、破損してしまった商品分のお金は戻ってきましたが、それも言ったって仕入れた金額です。
売れたであろう金額で全額戻ってくるなら、これだけやった甲斐があったなと思えたかもしれませんが、

書類を作る時間
荷物の内容を調べる時間
計算機たたいて商品の金額を合計した時間
ヤマト運輸の営業所に通う時間
それに伴うかる~いけれども精神的な疲労

・・・・

Yui
Yui
こんなことしてるなら、さっさと次の男!!!

じゃなくてっ!!!

切り替えて次の行動をした方がいい!!!

って思ったからなんです。

もちろん、

何十万の商品だったとか、FBAの納品とかじゃなくてフツーに単発で送った80万円のシャネルちゃんのバックが・・ってなれば

話は別だと思うんですけどね。

だけど、1~2万円とか、あなたが許せる金額の範囲なら、そんなことにしがみつかず、さっさと新しい商品を仕入れにいって挽回したほうが早いなって思ったんです。

私の場合は、私がトロく効率的にできなかったからかもしれませんが、約3週間もOKでるまでかかったわけです。

それまでの時間をお金に換算したら、とても恐ろしいと思いました・・

毎回掛け捨てで保険金をかけて、破損したときにはそんなめんどくさい事が起こるくらいなら

「まぁ破損事故が起こったらその時だ!」と思って保険金をちまちま貯金でもしておいた方が有意義なのではないかという結論になりました。

まぁそれに、本当にヤマト運輸さんのミスで輸送中に事故が起これば、一応保証金は支払われるとヤマト運輸さんは謳ってますし。

もちろん!

出品者
出品者
俺/私 書類を処理するの得意だから、そうなっても瞬時に対応して保険金ゲットできる自信あるわ~

って方は、ヤマト便の保険を支払って破損事故に備えるのも良いと思います。

でも、

出品者
出品者
あ~なんかYUIってヤツの話聞いたら、めんどくせ~って思えてきた~

って思われた方は

今一度考えてみても良いと思いますよ!

なんと言っても時間は大事ですからね。

特に副業の方は「せどり」に使える時間って決まってると思うので有効に使っていきましょう!